家族会議に出す前に! 外壁塗装業者の選び方ガイド【新座市編】

新座市で外壁塗装業者をお探しの方必見!本当に信頼できる会社を調査しました

施工までの流れ

外壁塗装の施工の流れを把握しておこう

いざ外壁塗装をするとなると、気になるのはどれくらい工期がかかるのかということ。多くの塗装業者では生活に支障がないように配慮してくれますが、それでも職人が出入りしたり、工事中は人を呼びにくかったりと、少なからず影響はあるものです。

また、業者の中には必要な工程を省略する会社も一部存在します。正しい施工の流れを知ることで、手抜き工事を見分けることもできるのです。

塗装工事前の準備

まず、塗装業者の人が家の状況や広さ、修繕すべき箇所などを実際に見て確認します。その後、打ち合わせで使う塗料の種類や色を決め、見積もりを出します。実際に塗装工事をすることが決まったら下準備が始まります。工事中は騒音などが発生するため、近隣住人にあいさつ回りをしてくれる業者もあります。

塗装工事に入るまでの流れとしては、最初に必要な足場を組み立てます。足場が組み終わったら、塗装する前に家の外壁を高圧洗浄して外壁の汚れやカビをしっかりと洗い落とします。この洗いが不十分だと塗装剥がれが起きやすくなります。

そして洗浄が終わったら、下地処理。これも仕上がりを左右する大切な工程です。古い塗装を剥がしたり、壁にヒビが入っている場合は、モルタルで埋めたりする作業を行ない、その後養生します。

塗装作業開始

いよいよ塗装作業が始まります。塗装は何回も塗料を塗り重ねる作業です。まずは下塗りを行ない、塗料をしっかりと接着させるために行ないます。その後、塗膜に厚みをもたせるとともに、耐久性を高めるための中塗りを行ないます。

そして最後に、目に見える部分である上塗りを行ないます。基本的に、外壁塗装はこれら3回の塗装が行われますが、日光や雨が当たりやすい場所などは4回~5回と重ね塗りをする場合もあります。

無事に塗装作業が終わったら、設置されている足場が解体され、新しく塗装された外壁の家がお目見えします。

塗装工事の期間はどれくらい?

塗装工事は上記のように足場設置から始まり、洗浄、下地処理、下塗り、中塗り、上塗り、足場解体という流れとなります。また、これらに加えて、塗装を乾燥させる時間も必要となりますので、トータルで2週間ほどの工期がかかると考えてください。

ただし、雨の日などで乾燥ができない場合は、もう少し期間が伸びる可能性があります。

悪徳業者を避けるための外壁塗装業者選びとは?