家族会議に出す前に! 外壁塗装業者の選び方ガイド【新座市編】

新座市で外壁塗装業者をお探しの方必見!本当に信頼できる会社を調査しました

塗料の種類

外壁塗装の塗料の種類にはどんなものがある?

外壁塗装はどの種類の塗料を使うかによって、工事費用や耐久性が大きく変わってきます。このページでは塗料の種類と特徴をご紹介します。予算や必要性に応じて適正な塗料を選んでください。

最も安価なアクリル塗料

アクリル塗料は20年ほど前から出回っている塗料です。モルタルのひび割れにも対応できる塗料として人気がありましたが、汚れが付着しやすく、耐久性も6~8年とあまり高くないというデメリットもあります。

また、耐久性が低いため、特に紫外線や風雨が常に当たる屋根塗装には向いていません。とにかく安く塗装を済ませたいという方以外は使わないほうが良いかもしれません。

万能性があるウレタン塗料

アクリル塗料よりも耐久性が高く、7~10年もつと言われています。柔らかくて外壁以外にも使えるので、使っている業者も多いのですが、ウレタン塗料よりも耐久性が優れているシリコン塗料の価格が下がってきたため、選ぶメリットが少ないのが現実です。

安定した人気を誇るシリコン塗料

耐久性は12~15年。汚れにくく、長持ちする塗料として人気がある塗料です。コストパフォーマンスも良く、ウレタン塗料とさほど変わらない価格で、耐久性が高い塗装を実現できます。汚れにくいので、黒や白といった従来では汚れが目立ちやすかった色でも美しさを保つことができます。

コストパフォーマンス、人気ともにNO.1のラジカル塗料

2015年に発売された新しい塗料です。耐久性は14~16年。塗料の大敵だった紫外線や水にも強く、これまでのシリコン塗料のシェアを奪っています。コストパフォーマンスもこれまでの塗料と比較しても、ダントツに高い塗料です。実際、7割のお客さんがこのラジカル塗料を選んでいると言われています。

耐久性抜群のフッ素塗料

フライパンの表面加工にも使われているフッ素を含んだ塗料です。耐久性は15~20年と抜群です。ただし高価なため、一般の住宅では割高感があります。外壁よりは、外部から刺激を受けやすい屋根の塗装に使うことをおすすめします。

悪徳業者を避けるための外壁塗装業者選びとは?