家族会議に出す前に! 外壁塗装業者の選び方ガイド【新座市編】

新座市で外壁塗装業者をお探しの方必見!本当に信頼できる会社を調査しました

老朽化対策

外壁塗装は10~15年で老朽化する

家の中はきれいにしていても、意外と家の外はおろそかになっているという方が多いようです。少々のひび割れや塗装の剥がれがあっても、問題ないという考えは間違い。そのまま放置しておくと雨漏りや建物の腐食などのトラブルを招きますので、チェックとメンテナンスを怠らないようにしましょう。

外壁の塗装の耐久性は10年~15年と言われていますが、月日が経つにつれてそれなりに劣化が進みます。もちろん外壁が老朽化すれば見た目も悪くなりますが、それ以上に深刻な問題を発生させます。塗装が劣化して剥げたりひび割れが生じたりすると、やがてそこから雨水が侵入してきて、家の寿命を縮めることになります。

大切な家を守るという意味でも、定期的な外壁のメンテナンスは重要なのです。

なぜ外壁は老朽化するのか?

当然ながら、家の外壁はずっと外部の環境に晒されています。紫外線に雨、風、ホコリ等、外部からの刺激を常に受けている状態です。そしてこれらの刺激は、想像以上に強いもの。外壁をカバーしているサイディングやコンクリートなどは、こうした刺激に強いのですが、やはり長い期間晒され続けると小さいひび割れなどが発生します。

また、昔ながらの家で木材が使用されている外壁の場合は、腐食性が高いため、塗装でこれらの刺激から守る必要性がより大きくなります。

外壁の老朽化を判断するポイント

外壁の老朽化が進んでいるかどうかを、ご自分で判断することも可能です。

まずは、見た目で新築のときよりも色が薄れたと感じられる場合は、塗膜が劣化していると言えます。次に壁を触って塗料の粉が手に付着したら、塗料自体が劣化している証拠です。さらに、外壁にカビや苔などが見られる場合は要注意。カビや苔はすぐに増殖して外壁の劣化を進行させます。

外壁にヒビが入っていたり、塗料が剥がれ落ちたりしている場合は塗装をし直すタイミングです。そのまま放置しておくとヒビや塗装剥がれがますますひどくなり、トラブルにつながりますので、一度、外壁塗装の専門家に診断を依頼することを強くおすすめします。

悪徳業者を避けるための外壁塗装業者選びとは?